スタッフブログ

 

運動!運動!

  2020/05/26

受付の林です。

色々と制限され、以前より体を動かしてないことに気付きました。

お休みの日は息子と犬と公園へ行き、なるべく息子より走るようにしようと決めました!

近くの公園の山はタンポポがいっぱい!!

タンポポを気にして歩いたことなんてここ数年無かったのに、なんか少しホッコリしました☺️
これからもっと暖かくなり、沢山色々なお花が見れますね🌼

札幌も緊急事態宣言が解除されましたが、まだ不安な方もいらっしゃると思います。
お口の中で心配な事がありましたら、お電話でもメールでもご相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
少しでもお役に立てたらと思います。

思いやりを形にする為に

  2020/05/24

お家にいる事 不安を分かち合う事 何も禁止されていないのに自粛という共通のルールを守ろうとすること 日本に住む私たちが思いやりを形にしているのだと。その成果は十分に上がってきました すこしずつ不安を小さくして家を出てもいいんだと もっと笑っていいんだと思います。

公園の駐車場は入れないのですが そこを歩くことまで禁止されてはいません。多くの木々が花を咲かせています、ライラック祭りはなくなりましたが 白 そして紫色のライラックの花の香りは気持ちのいい5月の風に彩をそえています。山桜もきれいですよ 週が明けると緊急事態宣言は解除されそうです 心地よい距離を保ちながら出掛ける頃だと思います。

このところコロナの予防の話ばかりですっかりご紹介が遅くなりましたが 当院でもすすむデジタル技術を応用した治療法の紹介をします。一部の来院者のみなさんは経験したと思いますが 最近 歯型をとる時 スキャナーを利用しています。すべてのケースでは使えませんが これを利用することで型採りの際の苦痛が軽減でき さらに精度が向上することが可能になっています。

今回紹介するのは マウスピースを利用した矯正治療です すべてのケースで応用可能な訳ではありませんが矯正装置を付けずに歯並びを変えることができます。歯と歯の間が空いているケースや八重歯のように歯が重なっていたり 一部磨きにくい位置に飛び出しているようなケースでなかなか本格的な矯正には踏み切れない人には朗報となります。個々の事例によって違いがあるので 興味のある方はお話ししますね。

 

しばらく中断しておりましたが西野学園の実習が6月第2週から始まることになりました。何もかも元通りになるわけではありませんが新しい生活スタイルは科学的な裏付けのあるものであるべきです。行き過ぎた感染対策が後世笑い草となるような毎日に戻っていってほしいですね。赤信号は渡ってはいけませんが 車の通行しない信号のない山道でまで止まったままでいるのはもったいないですよね。

分かってきた事が少しずつあります

  2020/05/17

急いで答えを求めると正解も見落としてしまう事があります。ワクチンや有効な治療薬が解決策と思ってきた今までの治療理念に警鐘が鳴らされているように思います。副作用がない特効薬がないように 絶対安全なワクチンに期待し過ぎると 目の前にあるより妥当な解決策を見落としてしまうものです。出口を急いで求める必要はありませんが 分かってきた事実にしっかりと目を向けると希望が見えてきます。

人の細胞数は約60兆これをはるかに超える数の細菌と人は共生しています。生涯を通じてその細菌の分布は変化します。近年マイクロビオームと呼んで傷病の発生のメカニズムの理解に深く関与することに注目が集まっています。歯周病の発生もこの視点から考えらるようになってきました、新型コロナウィルスの重症化にも関わっています。もちろんウィルスは細菌ではなく感染メカニズムも単純には比較できません。ですが 切り離して議論される現状に大きな落とし穴があると私は考えています。

そもそもにウィルスは宿主がなければ種を維持できないはずです。多くの変異を繰り返しても最後は人間を含めた多くの生物と共存すること選択するはずです、ひょっとしたら生物の進化に関わっているかもしれません。なので リスクは小さくするけれどゼロを求めると逆襲を受けることも覚悟がいるのかもしれません。

当院で採用している消毒システムのベースはスタンダードプリコーションにありますが エアロゾル対策に機能水を応用してきました。強い殺菌作用には一定の割合で生じる健康障害が予想されます 次亜水 オゾン水 これらの最終形は水 つまり生物に安全なもの この視点を忘れないようにしていきます。一時的にはアルコールを活用するのもいいかもしれませんが過ぎたるは及ばざるが如しとなる未来にも準備が必要になるはずです。

ここのところ話が分かりにくなってごめんなさい。昨年からデジタル機器を導入してより精度の高い診療を実現できるシステムが構築されつつあります。次回こそ紹介しますのでお楽しみに。マスクを外して笑顔を見せることができる未来のため もうしばらくの辛抱ですね。

 

ステイホーム🏠

  2020/05/17

 

皆さんこんにちは!
歯科衛生士の三浦です。

毎日コロナのニュースが飛び交う中ですが、皆さんはどのようにおうち時間を過ごされていますか?

私は家に居るのも好きですが、それ以上に旅行をしたり外に出るのが好きです。
なので今は、コロナが落ち着いたらこんな所に旅行したいな〜😌と、考えて楽しみを作りながら生活しています。

あとは、映画を観たり普段出来てない所の掃除をしたり、普段は作らないような物を作って食べてみたりしています😊

GW頃に家の近くに桜が咲いており満開でした🌸

 

今年は自粛ということもあり、お花見も出来ず通りがかりで桜を見ることが多かったですがとっても綺麗でした🌸

周りの方も道端で桜を撮ってる方が多かったです。

現在は葉桜になっていましたが、どんどん色んなお花が咲いてきて気持ちも晴れやかになりますね😌

暗いニュースばかりでストレスも溜まるところですが、自分なりに新しい発散方法を見つけて頑張ろうと思います😊

 

おうち時間

  2020/05/10

受付の水野です。

緊急事態宣言で外出自粛中のゴールデンウィークとなりましたね。

我が家は、わんぱくざかりの息子と一緒にパフェを作りました。

アイスクリームが大好物の息子は、テンションマックスで、たくさんのイチゴと、チョコを

たっぷりかけて、器からこぼれそうな程でした。

私と主人は、あんこに、白玉、黒蜜、抹茶を

かけて和風のパフェを作り食べました。

美味しかったです。

GWは、まったりとお家での時間を楽しみました。

これからに向けて私たちのできる事

  2020/05/06

緊急事態宣言が継続されることになりました。出口が遠いと不安を感じている皆さんに私たちのできることをお伝えします。

 

札幌市のPCR検査陽性者が増加し その中で感染経路不明者が多く出ており歯科医院としても 慎重な対応が求められることは間違いありません。ですが、日々のケアは決して不要そして不急なものとして先送りが可能なものでない事も思い出してください。我々は最善を尽くして感染予防に配慮してまいりますので過度の不安ストレスを感じないように診療を継続していくつもりです。

 

とは言いながら高齢の方さらに基礎疾患を持って受診が不安な方のため 電話やインターネットないしはテレビ電話を通じた診療が認められるようになりました。歯科の診療は多くの場合処置が必要となりますが 抱えている症状に緊急性があるのか心配な方は電話などの相談も有効です 炎症の拡大が予想され まずは投薬が求められる時 専門的判断が必要なケースもあります。処方薬も配送も可能となりました。すべてのケースで対応するには困難なものにはなりますが 初診も対応可能となっています。

 

今日は免疫力を上げる為のお話をさせてください。

 

感染が抑制されている地域と拡大している国の違いは何なのかは明確には分かっていません。ロックダウン政策の違いやマスクの着用など生活習慣の違いだけでは説明がつかない現象がはっきりとしてきました。ポルトガルとスペインは国境を接していながら重症化率に大きな違いがあります。日本は世界の国の中でも死亡率は奇跡的に低く抑えられています。岩手を始め東北6県はいまだに死亡者はありません。感染と重症化を抑止するメカニズムがあるはずです。

 

今流行中のL型は2月にピークを迎えたS型とは変異が生じています、ワクチンを待っても変異に対応できない場合や接種による副症状の出現は回避できません。安易に特効薬を求めると耐性ウィルスが発生しやすくりはすでに起き始めています。だからこそ そもそもに獲得している免疫力をしっかりと見極める必要があります。

かつて流行したSARSと今回の新型コロナウィルスは80%遺伝子的に相同部位があります。一般論で言う交叉免疫とは違う 中和抗体が存在し多くの傷病の発生を予防してきたと私は想像しています。基本再生産数は2前後の感染症に我々は打ち勝つ多くの武器を持っているはずです。

 

すいません少し難しい話が多くなりました。では どうすればいいでしょうか一般的な体調管理の基本をもう一度見直すべきだと考えています。単純なことが大事なこと 古来 医食同源 睡眠と適度な運動 規律ある生活習慣 予防は何も変わっていないはず。薬の使い方で注意が必要なのは強い作用のあるものは必ず副作用がある。完璧なゼロリスクを求める手法にはあとで意外な障害が出てくることも準備しましょう。

口腔は感染予防の最初の関門です マイクロバイオームすなわち常在細菌が体を守ってくれていることを忘れないようにしましょう。重症化にプロボテラが関与することやサイトカインストームの抑制に常在細菌が関与することにエビデンスが揃うはずと私は考えています。

 

ゴールデンウィークが終わり明日から診療が再開します。元気を応援していきますね。来週は当院で採用している機能水の説明とデジタルデンティストリーのお話しをします。

体の元気をつくる

  2020/04/26

こんな不安な時期だからこそ聞いて欲しい話なんです。

 

罹らないようにしよう 大事な事です。うつさない様にしたい 大切なことです。でもだからこそ聞いて欲しいこと 万が一かかった時に重症化しない事のために出来ることがあるはずってお話しをします。

 

人類を始め あらゆる生命は感染症と闘ってきました。打ち勝つことはなかなか難しい感染症は新型コロナウィルスが初めてではありません。そして今後出現するであろう感染症にも向かっていく必要があります。いつもに較べちょっと専門的な用語が多くなる話ですが 大事なメッセージをくみ取ってください。

 

人の細胞数に匹敵するオーダーで人には常在細菌がいます そして常在するウイルスも存在しています。これらと調和する形で人の免疫応答が存在しますが多くの知見が得られるようになったとは言っても まだまだ未知のメカニズムが数多くあるのです。

 

常在細菌叢は外来細菌の侵入を阻止するだけでなく重症化阻止の役割も担っています。乳酸菌がインフルエンザ予防に有効であることはみなさんもCMなどでも知られていますね。今回の新型コロナにおいて 注目されているのがプロボテラによる二次感染と腸炎の併発が重症化と再燃に関わると報告されていることです。

 

ウイルスがプロボテラ菌に感染し増殖をコントロールしているとすれば高齢者での重症化率 急激な症状の憎悪に一定の説明がつくと思います。勿論これはすべての解決策につながるほど単純な問題でないことは分かっています。ですが敢えて私がお伝えしたいのはこのプロボテラ菌は10種類以上想定される歯周病菌の一つなのです。

 

手術前後の口腔ケアがなぜ必要とされるのか 悪性腫瘍の放射線治療後にも 抗がん剤治療後に求めらるのと同じ理由で口腔ケアは重要と理解されています。だからこそそのバランスを維持するためにも当院は診療を継続していく覚悟を決めています。スタッフ一同安全を提供できる最大限の努力してみなさんの元気をつくりたいと願っています。

 

自粛による急速な拡大の抑止はとても重要です。ワクチンの開発や治療薬への期待は次に求められるものです。心配なのはもっともですが 今一度自身の免疫力を高めるための努力と行き過ぎた過剰な消毒を控えることも注意してください。来週は免疫力アップのために役に立つ情報をお伝えすると同時に バランスのいい消毒の工夫もお伝えします。

 

今日はちょっと分かりにくい話になったかもしれません すいません。今年はクリスマスローズがきれいに咲いています たくさんの花は人を元気にします 密集を避ける工夫をして桜を楽しめるといいですね。

 

当院の取り組み

  2020/04/25

こんにちは
歯科衛生士の中田です。
TVでは、コロナ・コロナ‥と刻々と変化していく状況で何だか落ち着かない日々ですねぇ
御来院いただく方が安心して来られる様に、当院での感染対策も伝えます。

歯科では、これまでも、肝炎対策や、HIV(エイズ)対策など私が働いてきた30年の中でもいろいろな感染対策がなされて来ました。
そして、2020年、新型コロナ‥

着座前には、ユニットやライトや手すりなどの手が触れる所は清拭しております。

治療後、使用した器具は、まず、流水に

浸水し、オゾン水で洗浄した後、洗浄液の入った超音波洗浄機で消毒後、1つ1つ個別に滅菌パックに入れて、132°Cの滅菌器オートクレーブにて滅菌します。
また、使用したタービンやコントラもミニクレーブで滅菌し、1人ずつ滅菌したものを使用しております。

もちろん、トレーやコップやエプロンはディスポーザブルで使い捨てです。
使ったグローブも、1人終われば捨てております。

それでも、心配な方は聞いて下さい。
私達は、しっかり口腔ケアをすることで予防出来れば〜と、心を込めて、お手入れしたり、必要な治療に取り組んでおります。
普段は、お見せしないパックヤードでした。

久し振りの投稿 院長吉田から

  2020/04/19

緊急事態宣言 新型コロナウィルス対策に関して当院の対応をお伝えします。

 

来院されるみんさんの日々の生活に多大な影響を与え ストレス多い日を過ごしていることに私たちも心痛めています。元気にと願うばかりです。

 

古来 人々は感染症と闘いの日々を繰り返し その中で医療は進化してきました。抗生剤 抗ウィルス薬 そして様々な感染症対策が実施され いつの間にか慢心していた事は多くの医療従事者が感じているところです。ただ一方で解決できない迷路に入っているわけではないと思います。

 

集団免疫を獲得できるまで 其々に自然抵抗力を高めることの大切さも忘れないように願っています。報道されている個々のモラルを守り 感染を最小限に食い止める日本人の信の深さを私たちは知っています。来院時に感染する危険を感じる方の不安も もっともですがそれ以上に自分が迷惑かけてはいけないという 優しい言葉を多くいただきます。

 

本来 医療機関は院内感染対策を含め 安全の為 多くの努力をしてきています。新型コロナウィルスとの戦いは長期戦必死です、いたずらに治療を先送りすることより 不安を最小限にして継続していく責任を感じています。次回は具体的な感染対策を紹介しますが 適切なアルコールの使用を注意してください。過度の使用で手荒れで逆に感染しやすくなったりします 次回は効果的な使用法も案内しようと思っています。

 

今日は北大までランニングしてきました。理学部横でエゾエンゴサクが咲いていました。水芭蕉も咲いていました、モクレンも芽吹いてもうすぐ花が咲きますね。適度な運動 楽しむ心を忘れずに免疫力を高めるのも大切ですよね。理志も帰ってきました。紹介したいことが沢山あります、また投稿しますね。  院長 吉田たけし 息子はたかし すいませんまぎらわしくって。

よろしくお願いします!

  2020/04/17

こんにちは!
4月からデンタルクリニック大通りで勤務しております歯科医師の吉田理志です。皆さん、よろしくお願いします。

 

お気付きの方もいるかもしれませんが、
なんと!吉田建志院長と名前が一文字違いなんですよー!

 

 

 

ってそこじゃなくて実は…

院長の次男です。横浜で修行を積んで戻ってまいりました。

 

父のコンセプトを基に、そこに新たな風を吹き込んでいけたらと思っておりますので、これからどうぞよろしくお願い致します。

 

歯のことでお困りの方も、最近歯医者に行ってないなーという方も、ぜひお顔を見せにいらしてください。お待ちしておりますね!!

  • ホワイトニング歯科専門サイト
  • 審美歯科専門サイト
  • インプラント歯科専門サイト
    • 一般受付
    • 患者受付